スマホアプリで逆援助希望人妻と即会いSEXする方法

どんなメールが効果的なの?

逆援助交際で相手と出会うためには、逆援助交際サイトを利用するのが最も効率的且つ効果的です。
ここにおいての相手との主なコミュニケーションの手段はメールです。
したがって、メールの出来如何によって出会いの可能性は大きく左右されるというわけです。
では、女性に受け入れられやすいメールとはいったいどういったものでしょうか。
よく見られるのがメールを送信するときに「件名」を記載していないケースですが、これはNGです。
逆援助サイトに登録している女性のもとには非常に多くの男性からのメールが届きますが、その際に決め手となるのがメールの件名だからです。
届いたたくさんのメールを一つ一つ開封して読んでもらえればいいのですがそれを求めるのは無理というもので、女性はそれらのメールの中から自分が興味を持ったものだけをピックアップして開封します。
したがって相手の意識を引くような、また印象に残るようなメールの件名でないと読んでもらえないのは当然で、件名が記載されていないなどは論外なのです。
はじめてメールを送るときは特に「はじめまして」などといった件名を書く人が多いかと思いますが、これでは読んでもらえる可能性はほとんどありません。
ではどんな件名が好ましいかというと、相手のプロフィールをよく読んでそこからヒントを得るのです。
たとえば相手が映画鑑賞が趣味だと書いていたなら、「最近見た映画の中でおススメは何ですか?」といった件名にすれば、きっと相手の目に留まることでしょう。
また、文体も大切です。
親しみを感じてもらいたいからと最初から「タメ口」の文章では相手が気分を害することもあります。
やはりはじめは無難に、硬くならない程度に敬語を使うほうがいいでしょう。
とにかく相手にいい印象を与える、これが重要です。

出会い系サイトのイメージって?

2年間付き合っていた彼氏と別れて半年…、最近やっと心の傷も癒えて、新しいスタートに向けて歩き出そうと考えています。
でも身の回りには恋愛の対象となるような男性は見当たりませんし、かといって新たな出会いなんてそう簡単に見つかるわけないですよね。
そこで思いついたのが、出会い系サイトでした。
出会い系サイトに対してあまりいいイメージを持っていない人も少なくないようですが、友達の一人が出会い系サイトで出会った男性とお付き合いをしているんです。
そんなこともあり、私は出会い系サイトを「新しい出会いのチャンスを与えてくれる場所」というふうに考えていたんです。
さっそくサイトに登録してみて驚いたのが、みんな真面目に利用しているということです。
私は別として、世間ではよくないイメージを持たれている出会い系サイトですが、掲示板の書き込みも不快感を覚えるようなものはほとんどありませんし、私に届くメールもほとんどが好感の持てるものばかりです。
中には不真面目なものもありましたが、無視すればいいだけのことです。
最も驚いたのが、男性が「ガツガツ」していないという点です。
もっと積極的にアプローチしてくるのかと思っていたのですが、皆さん紳士的で却って物足りないくらいなんです。
まあ、心の中はどんなものなのかはわかりませんが…。
今はたくさんもらったメールの中から一人の男性とメールのやり取りを続けています。
今後どうなるかはまだ私にはわかりませんが、いい方向に進めばいいなと思っています。
出会い系サイトというと悪質なものという認識をしている人もたくさんいますが、使ってみれば案外そんなイメージも覆されるかもしれませんよ。

逆援助を愉しんでいます

50歳を過ぎ、今では生活も安定して人からはちょっと羨ましがられるような日々を送っています。
それも若いときにがむしゃらに働いたおかげだと思っています。
今でこそキャリアウーマンがもてはやされる時代ですが、私が若い頃はまだまだ働く女性が認められることはあまりありませんでした。
現在の暮らしを決して後悔しているわけではないのですが、私も女性ですから結婚はしてみたかったですね。
でも今さらそれも難しいでしょうから、私の「オンナ」としての欲望だけでも誰かに満たしてもらいたいのです。
女としての盛りも過ぎて、私が男性に与えることのできるものはお金だけです。
だから、逆援助というものがあることを知った私は「これだ」と思いましたね。
でも、始めて出会い系サイトを利用して逆援助をしたとき、私は相手の男性に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
なぜなら、こんなオバサンをお金のためとはいえ抱いてくれたんですから。
けれども、それを口にした私に彼はこういいました。
「そんなことはありませんよ。あなたはお金で自分のしたいことをした。ぼくはこのお金で自分のしたいことをする。お互い様ですよ」と。
それを聞いて私は何だか胸のつかえが消えていくのを感じました。
それからというもの、私は何度も逆援助を利用して愉しんでいます。
しかし、なぜか逆援助サイトよりもセフレサイトのほうが成果がいいんです。
不思議に思って調べてみると、最近逆援助サイトは詐欺や悪質なものが多いというので避けられているようなんです。
今後逆援助を考えている女性は、そのあたり注意が必要ですよ。

逆援助交際をする女性が男性に求めるものとは?

逆援助交際とは一般的な援助交際とは逆に、女性が男性にお金を払って性交渉を持つことです。
したがって、女性と男性の間には当然「お金を払う側」と「お金をもらう側」という関係が生じます。
この関係は主従関係に近いものがあるので、男性側には選択権は存在しません。
つまり援助交際をする相手を選ぶのは女性側であり、男性は相手を拒否できても選択することはできないのです。
これは男性にとっては非常に厳しい状況と考えられるでしょう。
なぜなら、女性が逆援助交際の相手として選ぶ男性はイケメンでカッコよく、セックスに長けているに違いないと思うからです。
この条件に当てはまる数は決して多くはなく、逆援助交際を望む大半は平凡な男性といえるでしょう。
「それなら自分には逆援助交際をするチャンスはないじゃないか」
でも、そう考えて諦める必要はありません。
「どうしてこんな美人があんなダサい男性と付き合っているんだろう」
そう思えるような、世の中にはいわゆる「美女と野獣」といわれるカップルも少なくありません。
そもそも世の中には容姿端麗でセックスにも長けた男性というのは人口の2パーセント程度しかいないといわれています。
逆援助交際を希望する女性も、最初のうちはイケメンでセックスの上手い男性を望んでいても、やがて2パーセントの確率の相手に出会うのは無理だと悟るはずです。
その結果、自分の中で納得できる程度までハードルを下げて相手を選ぼうとするはずです。
いや、そうでないといつまでも相手を見つけることなど叶いませんからね。
さらに、セックスの上手いヘタなどは実際に行なってみなければわからないものですよね。
ですから、逆援助交際で求められるのは容姿やセックスのテクニックというよりも相手が何を望んでいるのか、どうすれば好かれるのかといった点をしっかり認識してそれを実践することなのです。

逆援助交際をする女性は男性に何を求めるの?

逆援助交際を上手く行なうためには、ターゲットとする女性が男性に何を求めているのかをしっかり認識する必要があります。
そうでなければ一度や二度関係が上手くいっても、その後継続して援助交際をするのは難しくなるでしょう。
逆援助交際をする女性が男性に求めるもの、それは性的関係もしくは疑似恋愛です。
性的関係のほうはわかりやすいし、且つ想像に難くありませんよね。
そんな女性に対しては、テクニックやスタミナなどで女性を満足させることが求められます。
ただ、相手はセックスが好きなのですからそれなりのテクニックやスタミナを持っていることもあり得るので、それに充分太刀打ちできるかどうかがポイントです。
その逆に、中には全く性的体験のない「童貞君」を好む女性もいます。
これははじめての男性を自分の理想の「おとこ」にしてみたいという願望を持っているケースが多いようです。
ただしそんな女性が相手にしてくれるのはあくまでも童貞なので、多くの男性はターゲットになりません。
経験が少ない男性がウソをついても、まったくナシかどうかを女性は判別できるそうですからすぐにバレてしまいますよ。
疑似恋愛を求める女性は、心の中に不満や寂しさを抱えていることが多く、男性に優しくしてほしいという思いがあります。
つまり「恋愛ごっこ」が求められるので、それに対応する必要があります。
なかなか難しいようですが、要するにホストのようなことをすると考えればいいでしょう。
ターゲットとする女性が男性にどちらの関係を求めているのかをしっかり見極めて適切な対応をしなければ、逆援助関係はうまくいきませんよ。